お知らせ

お知らせ

お知らせ2019/02/10

日本でここだけ!「亥」の付く山「亥ヶ谷山」へ登ってみませんか?

尾鷲市賀田地区にある、「亥ヶ谷山」という山をご存知でしょうか。

2019年は亥年ですが、日本で唯一「亥」が入った名前の山で、前回の亥年にも一部の登山愛好者によって登られたそうです。

ただ、山登り・山歩きをするとなった時、世界遺産熊野古道に行く尾鷲市民にとっては、あまり馴染みのない山となっています。

そんな「亥ヶ谷山」に登ってきました。

※登山道はかなりハードな道のりとなっています。時間に余裕を持ち、万全の状態で登山を楽しんでください。そのために、この記事を参考にして山登りを検討していただけると幸いです。

登山口は、賀田ICから車で5分程、輪内中学校手前を左折し、そのまま道なりに2分程進んだところにある「亥ヶ谷山」標識を左折した先にあります。

県道入口.PNG 市道入口.PNG

橋の手前までは、車で来ることもできます。※ただし、駐車場はありません。ここから登山口まで、800m歩きます。

亥ヶ谷山入口世古.JPG 亥ヶ谷山入口標識.JPG 亥ヶ谷山入口.JPG

登山口までは、林道を歩いていきます。途中、崩落している箇所もありますが、通れるようにはなっています。また、猪除けに作られた石垣も形を残しています。

亥ヶ谷山崩落.JPG

亥ヶ谷山登山道.JPG

亥ヶ谷山石垣.JPG

しばらく行くと、登山口が現れます。登山口には、いろいろ目印となるものがあるので、すぐわかると思います。

亥ヶ谷山登山口.JPG 亥ヶ谷山→.JPG 亥ヶ谷山注意書.JPG

ここからは、道なき道をひたすら登っていきます。途中でちょっとした石畳なども楽しめます。

亥ヶ谷山登山口道しるべ.JPG 亥ヶ谷山のぼり.JPG 亥ヶ谷山石畳.JPG

右を見ても左を見ても真っすぐな木々が立ち並び、存分に森林浴できます。ただ、道のりはかなりハードなため、楽しめるのは最初だけです。

亥ヶ谷山ヒノキ.JPG

道はわかりにくいですが、先人たちが示してくれたリボンや中電の標識があるためそれを見ながら登ると迷わず登っていけます。

亥ヶ谷山中電標識.JPG 亥ヶ谷山道しるべ3.JPG

疲れたので、一息。10分程度で下を見るのが怖くなってきます。帰れるかな・・・。

亥ヶ谷山下り.JPG 

休憩を挟みつつ、登り始めて1時間程すると、鉄塔が見えてきます。

亥ヶ谷山ロープ世古2.JPG 亥ヶ谷山第一鉄塔.JPG

ここでも休憩。ここまでずっと登りなのですでに満身創痍ですが、目指すは赤丸で囲んだ頂上です。

亥ヶ谷山頂上を望む.JPG

 亥ヶ谷山第一鉄塔から.JPG

ここから、少し遊歩道が出てきます。ほっと一息、と思いきや・・・

亥ヶ谷山遊歩道.JPG  

すぐに心が折れるような登りが待ち受けます。もう足がパンパンです。後半の登りはキツイ・・・。

亥ヶ谷山まだ上り.JPG 亥ヶ谷山小階段.JPG

しかし、自分に負けずに登っていきます。負けそうになったら、すぐ休憩します。そのまま1時間程登ると、鉄塔が見えてきました。

約2時間程登り続け、ついに到着!!

亥ヶ谷山鉄塔.JPG

亥ヶ谷山頂上世古.JPG

そして、眼下には賀田湾を望む絶景が!!疲労も吹き飛びます。

この景色は一見の価値ありです。絶景を眺めつつ、一休みするのも、登山の醍醐味の一つ。ゆっくり楽しみます。

亥ヶ谷山頂上.JPG

帰りは登った分、下らなければなりません。膝が笑うこと必至です。

お帰りの際は安全に配慮してゆっくり降りてください。

また、ごみはお持ち帰りいただくなど、マナーを守り登山を行ってください。

なお、尾鷲観光物産協会では、登山に自信のない方や、道が不安といった方のために、登山ガイドの紹介を行っています。興味がある方は一度問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

【お問い合わせ】

尾鷲観光物産協会

〒519-3605

三重県尾鷲市中井町12-14

TEL:0597-23-8261

FAX:0597-23-8263

営業時間:8:30~17:15

休業日:年末年始のみ

下記URLから登山中の様子やドローンを使った頂上からの映像を見ることができます。

興味のある方はご覧ください。

https://www.dropbox.com/s/kpw7dppgc9xgk4j/%

E4%BA%A5%E8%B0%B7%E5%B1%B1%E2%

91%A1.mp4?dl=0

ページTOP