観る・遊ぶ

  • 熊野古道
  • 自然・景勝地
  • レジャー
  • 町あるき
  • 博物館・資料館
  • 年間イベント
  • 体験

熊野古道伊勢路とは

実験結果はこちら

各コースのご案内

馬越峠

江戸時代に作られたと言われる石畳が、今もなお日本でもトップクラスの雨量を誇る尾鷲の雨から守っています。各地に残る石畳の中でも最も美しい石畳と言われており、史跡も多く残っており、尾鷲ヒノキの美林の中をゆっくりと味わいながら歩くと歴史と文化を感じることができます。

八鬼山

伊勢路一番の健脚コースで、標高は高くはないものの、急こう配であり階段状の石畳が続きます。むかしは山賊や狼が多く出没して巡礼者を苦しめたそうです。そのため、巡礼供養碑やお地蔵さまが多く佇んでいます。さくらの森エリアでは大パノラマでの絶景が望めます。

曽根次郎坂・太郎坂

曽根の貴重な史跡が多く残る峠で、尾鷲市と熊野市の市境にあります。難所、八鬼山を越えた後の峠越えが困難だったとみられており、巡礼供養碑が佇んでいます。木々の合間から盾ヶ崎が見えるポイントもあります。

三木峠・羽後峠

木々の間から海を眺めながら歩ける、景色のよい峠です。近年になって、地元の方々によって発掘されました。

ページTOP