• HOME
  • >尾鷲の隠れた名物

おわせの旬の魚をご紹介 尾鷲の 旬 秋 涼やかな風、野傍のススキ、月夜に踊るはアオリイカ。魚の旨みに 秋の深まりを知る。

  • 春の魚
  • 夏の魚
  • 秋の魚
  • 冬の魚
  • レアもの

漁業は自然が相手の仕事、魚の獲れる、獲れないは海まかせです。尾鷲は魚種が豊富である反面、その年によって、魚種によって、まとまった水揚げがないこともあります。常に出会える面々ではありませんが、尾鷲で愛されている魚たちを紹介します。

尾鷲のレアもの

  • キンムロ(ムロアジ)漁村では極めて人気の高い魚で、本当に美味しい食べ方は、朝獲れをその日のうちに刺身で食べることとされています。味が良いので、干物にも加工されています。

  • ハガツオ尾鷲ではキツネと呼ばれるカツオの仲間で、鮮度の低下が早いため、あまり市外へ流通していません。脂が乗ったピンク色の赤身は舌の上でとろけるような食感です。高鮮度化によってその美味しさを広めるため、船上活〆にも取り組まれています。

  • クエ釣り師が憧れる幻の魚で、岩礁地帯が続く尾鷲の沿岸にも生息しており、秋から冬にかけて定置網で漁獲されます。三重県水産研究所が種苗生産技術の開発に取り組み、現在は近縁種である幻の高級魚マハタが安定して生産されています。

  • ヤイト胸ビレのつけ根に数個の黒点があり、ヤイト(お灸)、ホクロなどと呼ばれています。外観はカツオやソマ、コガツオに似ていますが、柔らかいもっちりとした身で、その旨さを知っている人は目の色を変えるほど美味しい魚です。

  • アカヤガラ定置網で漁獲されますが 、まとまって水揚げされることは少ない魚です。タツノオトシゴの仲間で独特の形をしており、体の4分の1もある筒状の口は、エサの小魚を一気に吸引するためのものです。上品な白身で味わいが良いため、高級魚として扱われています。

  • メヒカリ沖合底曳網で漁獲される深海魚で、光をあてると大きい目が光ることからメヒカリと呼ばれています。ほくほくとした白身で、骨もやわらかいため食べやすく、干物が絶品で、唐揚げにしても非常に美味です。

その他深海魚

三重県内で沖合底曳網の水揚げがあるのは尾鷲魚市場だけです。古くから深海魚を利用した干物や、食習慣が伝わっています。

その他深海エビ

まとまって水揚げされることは少ないのですが、尾鷲には沖合底曳網のエビ類が水揚げされます。洋食の高級食材である手長エビや、クモエビ、高級寿司ネタであるオニエビや、地元ではイセエビよりも旨いとされるウチワエビをはじめとする多彩なエビ類が水揚げされます。

  • 尾鷲の旬
  • 尾鷲の真鯛
  • 尾鷲の真羽太
  • 尾鷲のマハタ取扱店一覧
  • おわせの魚図鑑PDFダウンロード
    おわせの魚屋マップpDFダウンロード
    尾鷲マグロ物語pdfダウンロード

ページTOP