• HOME
  • >尾鷲春の旬

おわせの旬の魚をご紹介 尾鷲の旬 春 水温み、山には桜。山菜、竹の子芽吹く頃。カツオ訪れ桜のマダイ。モジャコ、チンチロ顔を出す。

  • 春の魚
  • 夏の魚
  • 秋の魚
  • 冬の魚
  • 隠れた名物

春は水温の上昇、日射量の増加により、植物プランクトンが増え、海が豊かになる季節。多くの魚が産卵する時期でもあり、また、稚魚が増える季節でもあります。そして、尾鷲で最も愛されているカツオの訪れる季節です。

春が旬の魚

  • カツオカツオは熱帯域で生まれ、日本へやってくる魚。暖かく塩分の濃い海水を好み、小魚の群れを追いかけて移動します。尾鷲沖は好漁場で、一本釣りやケンケンで釣れたその日に水揚げされるものが多く、日帰りのカツオは鮮度抜群で、モチモチ感が違います。

  • ワラサ(ブリ)ブリの1歳魚、概ね体長70~80cm、体重3~5kgのものをワラサと呼びます。冬のブリから、春は徐々にワラサが増えてきます。春の小魚を沢山食べて、丸々と脂の乗る時期です。

  • マダイ鮮やかな色で姿形が美しく、食べてもおいしいマダイは、ハレの日にはかかせません。リアス式海岸で温暖な気候である尾鷲は、養殖マダイの産地でもあります。

  • モジャコ(マアジ)モジャコは春を告げるマアジの幼魚。流れ藻を住処にして身を守るために、モジャコと呼ばれます。マアジは、その大きさによって、いろいろな食べ方があります。モジャコは唐揚げにして、南蛮漬けにしても良し。

  • 小ムツ幼魚は沿岸で育ち、成長するにしたがって深みへ移動する深海魚です。春は沿岸の定置網で小ムツが獲れる時期。ムツの身は柔らかい白身で旨みがあるため、子供が食べる煮付けに最適です。

  • 小サバ定置網で小サバが獲れると、干物屋さんは丸干しやつなぎ、煮干しに加工し、梶賀町ではこの時期の風物詩である「小サバのあぶり」が始まります。

  • チンチロ イカ(スルメイカ)尾鷲に春を告げるスルメイカの赤ちゃんを、地元の言葉でチンチロイカと言います。煮付けや和えもので、酒の肴に喜ばれます。よい出汁が出るので、大根などの野菜との炊き合わせにもよく合います。

  • 尾鷲の旬
  • 尾鷲の真鯛
  • 尾鷲の真羽太
  • 尾鷲のマハタ取扱店一覧
  • おわせの魚図鑑PDFダウンロード
    おわせの魚屋マップDFダウンロード
    尾鷲マグロ物語pdfダウンロード

ページTOP