• HOME
  • >尾鷲の食

尾鷲の食

尾鷲には、底引き網や定置網などで獲れる様々な魚介類をはじめ、個性的な食材や、昔から愛されている調理法による伝統食品がたくさんあります。いくつかのキーワードとともに、尾鷲の食の魅力をご紹介します。

煙

この地方では、獲れた魚を長期間保存するために、煙でいぶして保存する調理法が発達しました。「カツオの生節」は、カツオを三枚におろした後、大きな釜で煮炊きし、櫻や樫の木で遠火で燻すと完成です。原材料はカツオのみ。うまみが凝縮された節は、ほぐして生姜醤油で食べると絶品です。梶賀地区ではサバやイサキなどのくんせい、「梶賀のあぶり」という地域の伝統保存食もあります。

かんぴんたん

尾鷲の人は、よくかわいた丸干しの干物が好みです。開きの干物と違い、包丁をいれずに干すために旨みが逃げずに、かめばかむほど味が出るといわれています。特にサンマは、年始の寒い時期に獲れる脂の抜けた針子サンマをガチガチになるまで干した「かんぴんたん」の干物が有名です。

姿寿司・さかなご飯

尾鷲の郷土料理といえば、サンマを丸ごと使う姿寿司「サンマ寿司」です。熊野灘に南下してきたサンマは身が締まり、脂が適度に落ちているため、さっぱりとした味わいになります。また、地元では魚の炊き込みご飯「さかなご飯」がハレの日の料理として親しまれています。真鯛やタチウオなど、中に入る魚は海と季節におまかせ。こちらも魚の旨みと香りと、ご飯の相性が最高の一品です。

海老・底もの

実は、尾鷲は知る人ぞ知るエビのまち。この地域では唯一、沖合い底引き網漁の船が水揚げするので、「ガスエビ」「テナガエビ」「ウチワエビ」「オニエビ」など、いろいろな種類のエビが食べられます。また、底引き網漁でとれるものは「底もん」と呼ばれ、メヒカリやハダカイワシ、タカアシガニなど、他の地域ではなかなかお目にかかれない魚が港に揚がります。

はえ縄

尾鷲は今マグロで注目を集めています。最新鋭の遠洋マグロ船が操業し、近海はえ縄マグロ船も操業中。本マグロ、メバチ、キハダ、カジキ、ビンチョウなど、様々な種類のマグロが揚がり港がにぎわっています。

マグロ

大敷

この地域では、大敷(沖にしかける大型の定置網)を使った漁も盛んです。メインは冬のブリで、昭和初期には年間10万尾獲れた浦(集落)もあるとか。大敷でも多くの種類の魚が揚がり、これらは市内の飲食店で刺身として出されることが多いです。わさびの代わりに尾鷲の伝統野菜「虎の尾」をつけて召し上がれ。

おさすり

尾鷲で昔から親しまれているスイーツ「おさすり」は、サルトリイバラの葉で包んだ郷土菓子。こしあんを米粉の生地で包み、そのまわりにおさすりの葉で包めば出来上がり。昔は五月の節句になると、各家庭で作っていたそうです。

とらまき

巻物みたいな形に虎模様の焼き目がついた伝統菓子「とらまき」。九鬼水軍発祥の地、九鬼で明治時代から作られてきました。
ふわふわのカステラ生地になめらかなこしあんが巻かれ、ほどよい甘さでついつい一本食べてしまう人もいます。

ページTOP